Italia

私の祖母は、旅行が終わったすぐ後に次の旅行の予定を入れる人で、それが素敵だと思った。
次の旅行はイタリアになりそうだ。
トスカーナ地方にすてきなヴィラを見つけて気分は高揚中。
日々生きていると忘れがちになるけれども、世界にはまだまだ知らない地域がたくさんあるのだ。

V&A museum - jewelry

V&A museumで購入したピアスをつけて少し近所まで、
次の旅行の本をみがてら散歩をしに行く。
V&A museumのミュージアムショップはとても洗練されていて、スタッフの方々もフレンドリーだ。
アテネを拠点とする作家さんのジュエリーのショーケースは、一目見てこれは持ち帰らなければ損をすると感じた。どれにしようかと何度か夫を困らせていると、プロフェッショナルそうなマダムが接客してくれた。
やっとの事で2つ選び、どちらが良いかと聞くと、フレンドリーに、けれど単刀直入な意見をくれて、
とても助かった。
この美術館はホテルからほど近い距離にあったこともあり、後日また一つジュエリーを購入することになるのだけれども(しかも同じ作家さんの)そのときに対応してくれたお姉さんも素敵だった。

ここだけの話、帰ってきてカードの請求にひゃっとなることもあるけれども、
一つとして無駄なものは持ち帰っていない、全部ここに書いたような人との出会いや小さな思い出と共にある貴重なもの。
あるいは、全部、人生において最高に無駄な、愛しいなと思えるものたちだ。

帰ってきてから

旅行をすると、今まで無意識のうちにあった「こうしなければいけない」という価値観が、
いい具合に崩れてとても楽になって帰ってくる。
その理由は、単純に見る景色が変わることもあるかもしれないけれども、
人の価値観に触れるから - が大きいと思う。
また、膨大な美術品の宝庫であるロンドンで、ほとんど毎日素晴らしい美術品に、それも無料で触れて心が潤っているというのもある。
あれだけモネやゴッホやターナーやらがその辺に無料で転がっている日常、気軽にミュージカルへ出かけらる日常が普通になってしまうと、ちょっともう日本の美術館の長蛇の列に並びながら進んでやっと1枚見る・・・という世界に戻れないかもしれない。(日本人の並ぶ時の列づくりのきれいさがすごいということは帰ってきて初めてわかったことだ。一方、美術館ではもっと自由に列を崩して絵を鑑賞して良いと思う。ロンドンではスケッチをしている人もよく見かける)

帰ってきて少し経った今、かなりいい感じ。この感じを維持したい。

Vintage Dress

旅先で買ったヴィンテージのワンピースを洗うために、
シルク専用の洗剤を購入した。(LAUNDRESのこちらを使用しました)
どんな仕上がりになるのか若干の不安があったけれども、とても滑らかでシワも少なく、良い仕上がり。
ロンドンのOld Spitalfields Marketで1980年代のシルクのワンピースと、1940年代のグリーンの美しいワンピースを購入した。
丁寧に洗い、アイロンをかけていく。アイロンをかける間にロンドンでの思い出を思い返しながらも、昔の洋服の作りの丁寧さにはぁ・・と思わずため息が漏れる。
このマーケットでは、ワンピースの他にも銀食器のスプーンなどをかなり格安で買うことができた。
(おじさんありがとう)
古い年代のものなので色は褪せているけれど、これらもピカピカに手入れしよう・・・

Musical

The Phantom of the operaのサントラを聞いていると、いつも胸がいっぱいになる。
ロンドンでやっているThe Phantom~のミュージカルはもはや何がきっかけで好きになったかが思い出せないほど、愛している。
好きなものはたくさんあれど、あぁ心の底から好き・・と思うほどのトップ3くらいに、
このThe Phantom of the Operaのロンドンミュージカルがある。
ついに私至上5回目となるロンドン公演も、また胸が一杯になるほどの感動で帰ってきた。
あの1幕の終わった時にオケが流れて、会場の人々がワクワクしながら外のバーでお酒を飲んだりしている時の、
素敵感はすごい。帰ってきてサントラを聞いていても、1幕が終わるところはこことすぐにわかる。

test

日々のメモや感じたことなどを、主に自分のために書いていきたいと思う。
たまに写真や絵を添えて。後から編集することもあり。